取り立てはなくなったのか

カードローンの利用時の不安の1つに、返済時の取り立てがあります。現在は強引な取り立ては一切禁止されています。カードローンの利用がきっかけで破産や自殺に追い込まれる人が社会問題になり、現在は様々な規制がかかるようになりました。

 

規制の1つに過剰な貸付けの禁止があります。消費者金融のカードローンについては、年収の1/3を超える金額の貸付けが禁止されました。例えば年収300万円のサラリーマンの場合、他社も含めた借入総額で100万円を超える貸付けは禁止されています。

 

例えばプロミスで100万円借りた場合、毎月の返済額は26,000円となります。限度額いっぱいまで借りたとしても、毎月5万円も10万円も返済しなければならない事態には通常なりません。借り入れ金額をさらに抑えて少額にしておけば、より少ない金額での返済も可能となります。

 

無理なく利用ができることで即日融資も可能なプロミスは人気が高くなってきているのです。

 

また、毎月の返済が滞る時には、事前に連絡をしておけば、基本的に取り立てはきません。威圧的な取り立てが禁止されている現在において、取り立てにも人件費がかかります。わざわざ人件費を使って取り立てに向かわせても、消費者金融側にもメリットがほとんどないのです。

 

そして、威圧的な取り立てが社会に明るみになれば、営業停止などの厳しい処分を受けるので、リスクが高すぎるという事情もあります。

 

ただし、大手消費者金融と違って違法な闇金業者の場合には、常識が通用しないので利用を避けるよう注意しましょう。