キャッシングやカードローン

消費者金融のキャッシングやカードローンは、どちらもお金を借りるサービスです。キャッシングは短期的な借入れ、カードローンは長期的な借入れに分類されていますが、今はどちらという区別はありません。短期的な借入れであっても長期的な借入れであっても、どちらの言葉も使われますが、最近はカードローンと呼ばれる場面が増えています。

 

カードローンとはどのようなサービスなのか、キャッシングも同じと考えていただいて大丈夫です。簡単に言うと、借りたい時にカードで現金を借入れできるサービスです。手軽にお金を借りる手段として、幅広く利用されています。

 

カードローンの利用方法

契約後のカードローンの利用方法は、とても簡単です。最もオーソドックスなのがATMでの借入れです。成人していれば、ほとんどの人が自分の銀行口座からお金を引出した経験はあるはずです。カードローンの借入れは口座からのお金の引き出しとほとんど変わりません。

 

ATMに行ってカードを差し込み、暗証番号と借入希望額を入力するだけで、その場ですぐに現金が出てきます。

 

自分が持っている銀行の口座からお金を引出す時には、その銀行のATMだけでなく、コンビニなどの様々なATMが利用できます。カードローンも同じ感覚で利用ができます。様々なATMと提携しているので、やはりコンビニなどのATMでも提携していれば、借入が可能です。

 

地元にあるATMで借りられる消費者金融での契約であれば、土日であっても最短即日融資も可能となるため、すぐに借りたいときにも安心です。首都圏なら渋谷の消費者金融を見ても分かるように多くの場所で契約が行えるため、急な出費があった際にも頼れます。

 

カードローンの返済

カードローンはまるで自分の口座からお金を引出すように借入れができますが、借りたお金は返済しなければいけません。多くのカードローンでは、借入時の借入残高に応じて返済額が決まります。

 

例えば5万円借りた場合、毎月の返済額が2,000というように、少しずつ無理なく返済していけます。借入残高が3万円まで減ったタイミングでまた7万円借りたと場合、借入残高が10万円となるので、そこからの返済額は4,000円に上がるといった具合です。

 

頻繁に借りると返済額は増えていきますが、繰返し借入れできるというのがカードローンの特徴の1つです。契約後のカードローンは、お金に困った時には頼りになる1枚になるでしょう。

 

 

カードローンの利息

カードローンで借りたお金には、利息がかかります。ここはカードローン利用時の注意点となります。借入れを繰り返していると借入残高が増えてしまうので、かかる利息も大きくなってしまいます。毎月の返済額も増えて利息も増えてしまうので、頻繁な借入れはリスクが高いです。カードローンは計画的に利用すべきとよく言われるのは、ここがその理由となります。

 

ただし、カードローンの利息は借入残高に対してのみかかってきます。コツコツと返済を続け、借入残高が減って来れば、かかる利息も少なくなります。また、利息は日割りで算出されるので、借りている日数分しか利息はかかりません。カードローンの返済については、毎月の返済額を増やす点においては基本的に自由です。

 

お金のトラブルでちょっと借りたとしても、数日で完済してしまえば利息はほとんどとられません。

 

カードローンの返済が滞ると

カードローンは決められた無理のない返済金額を期日までに返せば、特に利用上問題はありません。しかし、もしも返済が遅れてしまったらどうなるのかという不安を持つ人は多いです。いわゆる借金の取り立てが怖いと考えている人が多いのもまた、カードローンの特徴と言えるかもしれません。

 

実は過去に、カードローンの威圧的な取り立ての態度が社会問題になった歴史があります。不幸にもカードローンの取り立てのストレスに耐えられなくなって自殺に追い込まれる人もいました。

 

しかし、この事実を重く見た国は、過激な取り立てを禁止するようになりました。正規のカードローン会社であれば、現在は強引な取り立てや威圧的な取り立ては行わなくなりました。

 

特に銀行であれば比較的安心して借りられるようになるため、カードローンに対する不安を抱える方は銀行から借りる傾向にあります。ただ、いくら銀行のカードローンとは言えど、長期に渡って返済がされないようなことがあれば保証会社が取り立てを行ってくることとなるため、いくら銀行で借りているとは言っても返済はしっかりとしなければなりません。

 

限度額による金利が定められるオリックス銀行カードローンの返済についても、あまりにも長い期間に渡って滞納をすると保証会社がが代わりに取り立てを行うこととなるので、法で定めた範囲内で厳しい対応が取られる可能性があります。